Diary

彼岸花


車で知多半島の半田市のごんの秋祭りに行ってきました
童話作家・新美南吉が生まれ育ち、童話の舞台にもなった岩滑地区
矢勝川堤には、東西1.5kmにわたってボランティアの人に植えられた何万本もの彼岸花が咲いていました
赤ばかりでなく白とピンクと黄色の彼岸花がありました
時期としたは最高の日だったようです
数日前はまだ蕾だったようですし、今週末はもう終わりになっていそうです
半田市が希望者を募って神社で一組だけ結婚式と行列が行われのを見ることができました
カメラマンが何時間も前から場所取りをして待機をしてました
行列が来たら土手の道の彼岸花側に立つ人が出たりして怒号が飛び交ってたりしてました
2018年09月23日(日) No.4717 (その他)
Comment(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

Name
E-Mail
URL
感想
1024文字まで
Icon Icon
Pass
No. PASS