Diary

ゆっくりで良いよと言われたけど


エアコンを入れた


一汗かいた後にK-Audio


蝉がうるさく鳴き始めた


こんなところに家を建てるか???


日陵の4つ星ホテルの道路を面した向かい側で家(レストラン?)を建てていました
裏庭数m隔てた崖は崩れかけているのに構わず建築中
建築許可などないところで建ててしまえば勝ちなんでしょうが
ちょっとした地震や雨が降れば崩壊することの目に見えてます
地震でたくさんの人が亡くなったのは分からんでもないなと思った次第
2012年07月21日(土) No.3436 (その他)
Comment(0)

ウォッシュレットのありがたみ


レストラン


峠越え


成都からスークーニャンの基地の日隆に行くには4000mを越える峠越えをする道が2本しかありません
その一つのバランシャン峠を越える道は2008年の大地震のあったところ
4万人のチビット人のうち3万人が亡くなったという村を通り過ぎて行きました
まだ道が完全でないので雨が降ったりすると流れるみたいで道を造っていて通れませんでした
1500m?ぐらいのところでヘルメットをかぶった自転車乗りに会いました
(ヘル..
続きを読む
2012年07月18日(水) No.3433 (自転車)
Comment(0)

ブルー・ポピー


成都から成田に向かう飛行機がドアが閉まってから離陸するまで2時間ほどかかりました
航空路の問題だったようで離陸をするBoeng737の後ろに100mぐらい離して5機ほどいました
予定が狂ったおかげなのか羽田のチケット手配のお姉さんの間違えで伊丹行の便に変更で来て早く帰れました(微笑)
成都から大地震の中心地を抜けてバランシャン峠(4481m)に向かう途中でブルーポピーに出会えました
道端にたくさん生えているとこ..
続きを読む
2012年07月17日(火) No.3432 (その他)
Comment(0)

明日から夏休み


のんびりゆったりと


前でバキッと音がした


転落防止用



毎週、娘が仕事に出るので孫を預かっています
孫が立つようになってきたので2階の客間の窓に手が届くようになってきました
もう少ししたら覗き込むことができるようになるので転落する危険が出てきました
そんなで顔が出ないようにするために工作をすることになりました

径が1.4僂把垢気121僂里發里あって窓枠とピッタリのサイズでした
というわけで木枠に13.5个侶蠅魍けようとしてのですが家のドリルではパワーが足りず開きませんでした
仕方がなく仕事場の機関場まで行って電気ドリルで穴を開けてきました
電気ドリルはパワーがあるのであっという間に開いてしまいました
パイプの長さがきちきちなのではめ込むのにちょっと苦労をしました
2012年07月07日(土) No.3426 (その他)
Comment(1)

エージング


悩ましい雨雲の動き


麦門冬湯


オークション